概要

46

室戸市は、県都高知市の東方78kmに位置し、太平洋にⅤ字形に突出した日本八景の室戸岬を中心に東西53.3kmの海岸線を有しています。地形は面積の約8割以上を山林が占め、南北に四国山地が縦走し、海岸近くでは特異な海岸段丘を形成しており、気候は年間を通じて温暖、亜熱帯性気候の性格を帯びています。年平均気温は16℃台、年間降水量は、2000mm以上と高温多湿な特徴をみせビワをはじめ作物の栽培には絶好の環境です。
昭和34年、佐喜浜、津呂、室戸、吉良川、羽根の5つの町村が合併して、室戸市が誕生しました。総人口約14000人(平成28年現在)。