図1小笠原 優(32)
出身地:高知県香美市

移住年:2016年
前職:ビルメンテナンス業

担当:ジオパークの企画・広報



室戸に来てウクレレ始めました。その仲間が、今じわじわと拡大中。
仕事は、ジオパークを活用して室戸から世界へ情報発信しています。

地域おこし協力隊に応募しようと思ったきっかけと室戸市を選んだ理由

高校では地学をまなんでおり、大学では環境政策をまなぶ過程で「地域の活性化」や「地球規模での課題」などに興味をもちました。また、ジオパークというあたらしい価値観の認定を高知県の室戸も受けていることをしっていました。

たまたまジオパークに関わる募集があることをしったので、応募を決めました。


地域おこし協力隊のミッションは?

室戸市全域が認定されている「室戸ユネスコ世界ジオパーク」の、企画および広報がミッションです。



イベントや調査、各種プログラム等に、スタッフおよび記録係としても同行して、事前事後の広報活動を
webや紙媒体でおこなっています。

また、市の広報誌において関連紙面を担当しています。

企画のお仕事はまだこれからです。


室戸に来て、協力隊になって よかったこと、大変だったこと

広報誌の記事を見て住民の方が声をかけてくださったり、記事がきっかけで地域の昔話をしてくれることもあり、嬉しく思いました。

一方で、記事を書くためのネタ探し、そしてジオパーク的視点から見た切り口で書くこと、読者に読みやすい書き方や構成などは、なかなか一筋縄にはいかず、毎回苦労しています。


これからのこと

仕事内容の時間配分がうまくいってないことが課題で、今後はバランスをとって企画も行っていきたいです。


また、趣味の音楽を取り入れたイベントも考えたいです。


任期後の仕事はまだ未定ですが、
ジオパークの活動にも積極的に関わりながら、食とエネルギーの自給にも取り組みたいと思っています。


地域おこし協力隊に応募する人へのメッセージ

IMG_1243


まずは週末などを利用して室戸に遊びに来てみてください。
事前に連絡いただけたら、極力私たちがお話しながらご案内しますよ。





小笠原隊員が更新中!

室戸ユネスコ世界ジオパーク 公式ホームページ

室戸ユネスコ世界ジオパーク facebook