目的・目標(事業概要)

中川内地区は室戸市の西側、羽根町にある地区です。
その中にある、中川内小中学校が現在全校生徒16名程度となり、
閉校の可能性もあり得るという状況になりました。
閉校になってしまったら、中川内集落の存続も危ない・・・!!
そこで、中川内地区では中川内小中学校のお父さんが中心となった中川内来多郎会を中心とした
地元有志が立ち上がり、様々なイベントなどを企画しています。
中川内小中学校が山村留学を受け入れていることもあり、
集落支援員&移住促進室でなにか地域のPRのお手伝いをし、
移住者を増やすことにより、中川内地区の人口を増加させることを目標としています。

先月までのあらすじ

今までも『中川内来多郎会(なかがわうちきたろうかい)』という
地元のPTAのお父さんを中心とした地域の有志団体と、
室戸市の民間移住支援グループ 『室戸生活亀鶴(むろといきいききかく)』が協力し、
山村留学&移住体験ツアーを開催してきました。
また、そのツアーを経て移住してきた方もいらっしゃいます。
詳細はへ!
JPG_effected

地域のPRをするぞ!!・・・で、どうやって?

そうはいっても、地域のPRをするってどうすれば・・・。
来多郎会・集落支援員・移住促進室が総出で知恵を出し合い、
とりあえず、中川内小中学校がいかに素敵なところにあるかがわかるような
スライドショーを作ってみよう!ということになりました。 
DSC_0264
会議中の様子。来多郎会のお父さんは仕事終わりでお疲れの中駆けつけてもらいました。 

スライドショーが完成?

次々と景色を撮り終わり、あっという間にスライドショー作成が完了しました。
それを確認して・・・あれ・・・?なんか物足りない・・・。
そんな中、誰が言い出したのか、
「山の上から集落全体と小中学校がわかる写真を撮ってきたら?」
おお・・・!それは名案だ・・・!!と思い、山へ繰り出しました。
BlogPaint
赤丸の伐採している箇所が目的地でした。

遭難への道

集落支援員榊原隊長、移住促進室地域おこし協力隊溝田隊員による山登りの開始です。
意気揚々と山に繰り出しますが、
我々どちらも都会育ち。未開拓の山を登るスキルは全くありません。
その上、 普段着です。完全に山をなめています。
 DSC_0119-1
完全になめている登山ルック。※よいこは真似してはいけません。

DSC_0115-1
不思議!道が無くなったよ!!

道に現れる大量の岩!謎の動物の鳴き声!!!
そしてなぜか離れていく目的地…!!!
そして・・・何故か突然罠にかかるという失態!
我々は失意の中、山を後にしたのです…。
DSC_0102
※ちゃんと罠猟師さんには謝りました。笑われました。
※本当に足が浮きますので、道のない山を登るのは危険です。

山登りリベンジ ~そして完成へ・・・~

この程度でへこたれる我々ではありません。
中川内のお姉さまたちに話をお伺いしながら目的地を目指します。 
DSC_0203-1
さすがプロ。お姉さまの助言により、入り口を間違っていたという驚愕の新事実発覚。

DSC_0307-1
 普通に道ある!!
そしてあっという間に!到着!!
この間の遭難事件は何だったのだ…と思いながら撮影!
 DSC_0350-1
見よ!!これが中川内地区の全貌だ!!!

今度こそスライドショー完成

そんなこんなで完成したのが以下になります。
素人ながら足で稼いで頑張って作りました。
また、中川内来多郎会の方々と力を合わせて、
短期山村留学や極秘企画(5月解禁予定)などを打ち出していく予定です。
中川内地区の活性化にお力を貸して頂けたら嬉しいです。