目的・目標(事業概要)

中川内地区は室戸市の西側、羽根町にある地区です。
その中にある、中川内小中学校が現在全校生徒16名程度となり、
閉校の可能性もあり得るという状況になりました。
閉校になってしまったら、中川内集落の存続も危ない・・・!!
そこで、中川内地区では中川内小中学校のお父さんが中心となった中川内来多郎会を中心とした
地元有志が立ち上がり、様々なイベントなどを企画しています。
中川内小中学校が山村留学を受け入れていることもあり、
集落支援員&移住促進室でなにか地域のPRのお手伝いをし、
移住者を増やすことにより、中川内地区の人口を増加させることを目標としています。

先月までのあらすじ

中川内地区に移住者を呼び込もう!そのためにはPR活動だ!
ということで、罠にかかったり、迷子になったりしながら、
中川内の写真撮影を行い、スライドショーを完成させました。
詳細はへ!
JPG_effected

突然ですが、クラウドファンディングはじめます。

公表は突然ではありますが、半年以上前から会議を重ね、
ようやく掲載となりましたので、お知らせさせて頂きます。
詳細等はこちらからどうぞ!!→中川内GCFページ 

中川内には居住可能な家が少なく、
山村留学の受入れや、短期移住ツアーを行っても、
移住者が実際に住むのが難しいのが現状でした。
そこで、中川内来多郎会で、今は使用されていない元教職員住宅を、
中長期滞在できる移住促進住宅へ改修したいという話が出ていました。

しかし、改修には多額の費用が掛かります。
そのため、ガバメントクラウドファンディング(GCF)という制度を用い、 
費用の支援募集と、プロジェクト掲載による中川内のPR活動をを行うこととなりました。

ilovepdf_com

ガバメントクラウドファンディングって何?

ガバメントクラウドファンディングというのは、
ふるさと納税とクラウドファンディングを組み合わせた新しい支援の形です。
簡単に言うと…ふるさと納税の寄付金の使い道が決まっているバージョン…という感じです。
自治体が行っているふるさと納税の仕組みを利用するため、
通常のクラウドファンディングより、安定していて、かつお礼の品も届き、
税額の控除対象にもなります。
※詳しくはガバメントクラウドファンディングで検索!

※ふるさと納税の制度の為、室戸市在住の方にはお礼品を送ることが出来ません。ごめんなさい。

DSCF2374
通常のふるさと納税には出ていませんが、
今回限定でお礼の品に中川内地区のお米+梅干し+竹細工セットがあります。
地元の方々が、中川内地区の為なら!!と、お米を提供してくださることになりました。
現在鋭意生産中!
DSCF1597

DSCF2257-1

子供たちが作る竹細工もこれから作っていく予定です。(写真はサンプルです)

今回の改修は来多郎会が主役!!

我々もただ、ぼーっと寄付を募るわけではありません。
今回の改修はお父さんたちが主役!!
移住促進住宅の改修は、専門性の高いもの以外全て、
中川内のお父さんたちが自ら直します!!
DSC_0540-1
皆でなおすよ!改修予定の建物前で来多郎会記念撮影!!

いま、改修予定の住宅はこんな状況です。床がボロボロ…!
しかし、日曜大工以上のポテンシャルを持つお父さんたちが全て張り替えます!
DSC_0294-1

DSC_0276

ガバメントクラウドファンディングで中川内地区を守りたい!

中川内来多郎会は、学校の存続・中川内地区の存続を目標にしています。
ガバメントクラウドファンディングの成功で、移住促進住宅を整備し、
山村留学希望者の移住のハードルを下げる為、
仕事終わりの疲れている中、日夜、話し合いやPR活動を続けてきました。

中川内小中学校の子供たちも年齢、性別関係なくみんなで遊んでいて、
全校生徒みな兄弟のような、私の地元では考えられないような学校です。

DSC_0994-2

学校は地域の人の集いの場になっていて、
学校が無くなると、集落の元気もなくなって、今後消滅してしまう可能性もあります。
中川内地区は、原風景の残る素晴らしい場所で、無くてはならない場所です。
BlogPaint

改装が行われると、移住促進住宅は
山村留学希望者の為の住宅として運営していくことになり、
一時的とはいえ、学校の目の前に住むことが出来るようになります。

今後も山村留学希望者を受け入れ、中川内地区を存続させていくため、
皆様の温かいご協力をお願いいたします。
必要な金額は、114万4千円です。

シェアだけでも構いません…!!何卒よろしくお願いいたします…!!
中川内GCFページ 

DSC_0554-1