今年もやります!日南はっけん展

こんにちは、地域おこし協力隊のかなです。
室戸市に移住して1年4か月。日々地域おこしの活動に奮闘中です。


私は主に吉良川の日南(ひなた)地区を担当しています。ここには、閉校してしまった日南小学校の校舎が残っており、昨年度はこの校舎を活用し「日南はっけん展」という写真展&地場産品の販売イベントを行いました。人口70名程のこの集落に、なんと300人近くのお客さんが来てくれ、おおいに盛り上がりました。

ここで手ごたえをつかんだ、日南・大平地区のみなさんと地域おこし協力隊の私は、今年も「日南はっけん展」を開催することにしました。今年は、日南の色んな産品を味わってもらえるようにと、季節を分け年2回開催といたします。


今年1回目の「日南はっけん展」は9月9日(土)10日(日)の2日間です。
内容は以下の通り。昨年よりもパワーアップしてみなさまをお迎えします。

第2回日南はっけん展チラシキャプチャ


関連企画で大学生とコラボ

さて、今年の「日南はっけん展」は新たな試みとして、大学生とコラボした企画を考えています。


その名も

地域に学び、ほんとに試せる
   2泊5日 ひなた合宿 !!!



???

2泊5日???ってなりましたよね。


ちょっと気になりますが、ここは置いておいて、この企画を発案するにいたった経緯を先に説明させてください!



なぜ、この地域で 地域 × 学生 ?

イベントの舞台である日南地区、ここも他の多くの中山間地域と同様、過疎高齢化が進んでいます。このままいくと、何十年後にはなくなってしまうかもしれない、そんなことも冗談抜きに語られるそんな地域です。

しかし、この日南地区は昔ながらの里山の風景、暮らしがまだまだ残っており、とても魅力的な地域です。特産品も多く、とってもポテンシャルを秘めたところでもあります。そして、何よりこの地域に住む人たちは、とっても働き者で、やさしく、明るい、素敵な人柄の方ばかりです。


そんなみなさんが、地域を元気にするために奮闘しているわけですが、小さな集落なので自分たちでできることも限られてしまいます。そんなとき、若い人が手伝ってくれたら、という声も聞こえてきます。(高齢化率は63.2%)


それならば!と考えたのが、大学生たちを巻き込み、地域を盛り上げることでした。


これは、地域のためだけのプログラムではありません。

新卒で地域おこし協力隊という道を選んだ私は、まだまだ学生気分が抜けていません 学生の気持ちを忘れていません。なので、自分が学生だったらどんなプログラムだったら楽しいだろう、参加したいだろう、ということもしっかり考えました!貴重な学生生活、どうせ参加するなら、身になることに時間を使いたいですもんね。



大学の授業でもなかなかできないことをやってもらいたい。
地域の調査、課題発見、提案までは、授業でもあるかもしれない。
でも実践までできる機会は少ないんじゃないだろうか。
日南はっけん展なら、実践までできる環境がそろっている!

と、いろいろ考えた結果「2泊5日ひなた合宿」という形をとることになりました。

事前の地域調査1泊2日、イベント当日1泊2日、ふりかえり会1日、というプログラムです。


合宿の詳細

気になる合宿の詳細と、募集要項です。


ひなた合宿キャプチャ

概要

フィールドは室戸市吉良川町の中山間に位置する、日南(ひなた)地区。この人口70名弱の小さな集落は、「日南はっけん展」というイベントを通して、地域活性化に取り組んでいます。日南地区には、さまざまな特産品をはじめ、たくさんの資源が眠っています。(キーワード参照) でも、まだまだその資源を活かしきれていません。そこで、大学生のみなさんにも参加してもらい、一緒に地域を盛り上げるためのプログラムを作りました。

このプログラムでは、事前に地域学習をし、地域の課題を発見してもらいます。そして発見した課題を解決する企画を練り、イベント当日に実践してもらいます。企画内容は自由。お金を稼いでもらっても結構です。じっくりと地域に入って、実践までできる機会はあまりないと思います。自由な発想で、楽しく取り組める参加者をお待ちしています。

日時

事前学習(8/22~28の間で2日間 ※要調整)
イベント(9/9、10)
ふりかえり(9/11~で半日 ※要調整)

※原則全行程参加

場所

室戸市吉良川町日南地区(主に旧日南小学校)

参加費

保険料(数百円)のみ。

※奈半利駅もしくは吉良川町までの交通費、食費は自己負担。

募集人数

5~10名程度  ※応募者多数の場合は先着順

宿泊・食事

宿泊無料(男女別相部屋)、食事は共同調理もしくは外食

持ち物

活動できる服装、カメラ、筆記用具、パソコン(使いたい人)、宿泊の用意

スケジュール

事前学習
1日目
オリエンテーション→現地調査1(地域を歩き回る)→現地調査2(地元の方にお話を聞く)→まとめ→課題の発見と解決方法の提案

2日目 追加調査→企画書と準備のスケジュールを決め、提出

イベントまでの期間
各人、各グループでイベントに向けて準備。追加で現地に訪れたい場合は対応します。(地域の方のお話を聞きたい場合コーディネートします。)

学生側からも集客に取り組んでイベントを盛り上げていきましょう。(チラシ/データは共有します)

イベント当日
イベント当日は2グループに分かれ、イベントの手伝いと企画の実践を交互にします。

ふりかえり
ふりかえりでは、企画の成果発表と自身の今後にどう生かすかを話し合います。

参加すると

中山間集落の課題を現場で学べる。地域の人から直接話を聞ける。今後のつながりを作ることも可能。地域おこし協力隊の活動を知ることができる。イベントを作り上げる過程に関われる。自ら課題を発見する力がつく。その課題解決に向けて実際に取り組める。

キーワード

地域/農村/過疎/高齢化/廃校/里山/耕作放棄地/自給自足/昔ながらの暮らし/コミュニティ作り/特産品(米/里芋/ボタナス/ゆず/らっきょ/黒糖(サトウキビ)/シキミ)/太刀踊り/イベント企画/地域活性化

応募締め切り

8月7日(月)17:00まで。 

選考結果、詳細スケジュールは締め切り後1週間程度でメールにて通知します。

応募方法

①氏名(ふりがな)
②生年月日
③性別
④所属(大学/学部/学科/学年)
⑤住所
⑥電話番号
⑦メールアドレス
⑧8/22~28のうち都合の悪い日
⑨交通手段 車で室戸までor公共交通で奈半利駅まで
※友人と乗り合わせてくる場合友人の名前も記載。移動の都合上、できるだけ車で来ていただけるとありがたいです。
⑩興味のあること/やってみたいこと
⑪このプログラムに参加したい理由

を明記の上、khashimoto1105●gmail.comまでお申し込みください。

※送っていただいた情報は保険の申込み、選考、プログラム準備の参考にします。

問い合わせ先

室戸市産業振興課 地域おこし協力隊 橋本果奈 ( khashimoto1105●gmail.com ) 質問や不安点などお気軽にお問い合わせください!

さいごに

少しでもおもしろそう、と思ったらぜひぜひご参加ください!
きっと、濃い夏の思い出ができますよ~

お待ちしております!